メサベルデ国立公園

|アメリカ 世界遺産|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第150回アメリカ

メサベルデ国立公園

謎に包まれた先住民の 要塞のような断崖住居

世界遺産|メサベルデ国立公園 全景

©The Colorado Tourisum Office

Story

サベルデ国立公園はコロラド州南西部に位置し、アメリカで唯一先住民の遺跡が国立公園に指定されています。標高約2,600mの断崖にアナサジ族(古代プエブロ人)の大規模な住居跡が残され、人類の稀少な歴史の証として1978年、文化遺産にも登録されました。

アナサジ族は7〜18世紀、アメリカ南西部の広い地域に住み、トウモロコシなどを栽培していた農耕民族。元々は崖の上で暮らしていましたが、12世紀末に断崖の壁面をくり抜き日干しレンガの住居を建て、約100年間にわたり生活を続けます。メサベルデとはスペイン語で「緑のテーブル状の台地」の意味。緑(ベルデ)に覆われたメサ(台地)の下に住居があるとは思えず、 崖下へ移動したのは外敵から身を守るためとも考えられています。180以上の断崖住居が発見されており、なかでもクリフパレス(断崖宮殿)は4階建てで、200以上の部屋を有する最大の集合住宅。当時の高度な建築技術をうかがわせ、遺跡で広範に見られる儀式に使われたと推測されるキヴァ(円形の地下礼拝堂)も23を数えます。

最盛期には数千人が住んでいたともいわれますが、13世紀末には忽然と姿を消し、1888年に牧場主に発見されるまで廃墟となっていました。なぜ彼らは断崖の生活を選び、突然放棄し、そしてどこへ去ったのか。確かな史料はないだけに、その隠された生活はミステリアス。いまだ解明されない謎も多く、訪れる者を探検家の気分にさせます。

続きを読む

アナサジ族は7〜18世紀、アメリカ南西部の広い地域に住み、トウモロコシなどを栽培していた農耕民族。元々は崖の上で暮らしていましたが、12世紀末に断崖の壁面をくり抜き日干しレンガの住居を建て、約100年間にわたり生活を続けます。メサベルデとはスペイン語で「緑のテーブル状の台地」の意味。緑(ベルデ)に覆われたメサ(台地)の下に住居があるとは思えず、 崖下へ移動したのは外敵から身を守るためとも考えられています。180以上の断崖住居が発見されており、なかでもクリフパレス(断崖宮殿)は4階建てで、200以上の部屋を有する最大の集合住宅。当時の高度な建築技術をうかがわせ、遺跡で広範に見られる儀式に使われたと推測されるキヴァ(円形の地下礼拝堂)も23を数えます。

最盛期には数千人が住んでいたともいわれますが、13世紀末には忽然と姿を消し、1888年に牧場主に発見されるまで廃墟となっていました。なぜ彼らは断崖の生活を選び、突然放棄し、そしてどこへ去ったのか。確かな史料はないだけに、その隠された生活はミステリアス。いまだ解明されない謎も多く、訪れる者を探検家の気分にさせます。

Photos

世界遺産|全景
▲特異な地形を利用して作られたメサベルデ。高台からの緑豊かな自然も壮観
©The Colorado Tourism Office
世界遺産|クリフパレス
▲断崖にレンガと土で造られた建築物からは当時の高度な技術がうかがえる
©The Colorado Tourism Office

Data

◆登録名:
メサベルデ国立公園
◆登録年:
1978年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
フェニックスからデュランゴまで飛行機で約1時間25分、そこから車に乗り約50分

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

メサベルデ国立公園|アメリカ 世界遺産|阪急交通社

Copyright©2017 HANKYU TRAVEL All rights reserved