チュニス

|アフリカ 世界遺産|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第88回 チュニジア チュニス 喧噪のスークに アラブが薫るメディナ

第88回 チュニジア

チュニス

喧噪のスークに アラブが薫るメディナ

世界遺産|チュニス

Story

中海に面した紺碧のチュニス湾に高級リゾートが点在し、多くの観光客を惹きつけるチュニジアの首都チュニス。ヨーロッパ風の近代的で洗練された新市街と好対照を見せるメディナは、7世紀に建設が始まった旧市街。13世紀からの伝統的なアラブが今に息づく特異な空間で、1979年にはユネスコによって2回目の世界遺産に登録されました。

チュニスは古代フェニキア人によって拓かれ、カルタゴの衛星都市としてオリーブの交易で繁栄。やがてローマ帝国の属州になり、7世紀にアラブ帝国が勃興しカルタゴが陥落すると、アラブの街として発展することに。9世紀にはグランド・モスク(オリーブの木のモスク)が完成し、次第にスーク(市場)が形成されていきます。その後、19世紀にはフランスの保護領となり、新市街が急成長を遂げます。

新市街とを分かつフランス門からメディナに足を踏み入れると、グランド・モスクへと延びるジャマー・エズ・ジトゥナ通り沿いに、みやげものから、衣類、靴などの日用品まで、あらゆる商品がひしめき、買い物の地元客や観光客で大混雑。狭い路地の一角には香水、トルコ帽、貴金属などを専門に扱うスークもあり、さながら迷宮をさまよう心地。人と物の洪水に疲れたらカフェでひと休み。悠久の歴史と幾多の文化が折り重なる、アラブの混沌を実感できます。

続きを読む

チュニスは古代フェニキア人によって拓かれ、カルタゴの衛星都市としてオリーブの交易で繁栄。やがてローマ帝国の属州になり、7世紀にアラブ帝国が勃興しカルタゴが陥落すると、アラブの街として発展することに。9世紀にはグランド・モスク(オリーブの木のモスク)が完成し、次第にスーク(市場)が形成されていきます。その後、19世紀にはフランスの保護領となり、新市街が急成長を遂げます。

新市街とを分かつフランス門からメディナに足を踏み入れると、グランド・モスクへと延びるジャマー・エズ・ジトゥナ通り沿いに、みやげものから、衣類、靴などの日用品まで、あらゆる商品がひしめき、買い物の地元客や観光客で大混雑。狭い路地の一角には香水、トルコ帽、貴金属などを専門に扱うスークもあり、さながら迷宮をさまよう心地。人と物の洪水に疲れたらカフェでひと休み。悠久の歴史と幾多の文化が折り重なる、アラブの混沌を実感できます。

Photos

世界遺産|グランド・モスク
▲街のシンボル、グランド・モスクはメディナの中心に聳える
世界遺産|チュニス旧市街
▲メディナと呼ばれる旧市街には、イスラムの佇まいが今も残る

Data

◆登録名:
チュニス旧市街
◆登録年:
1979年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
チュニス・カルタゴ国際航空より車で約15分

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

チュニス|アフリカ 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved