シミエン国立公園

|エチオピア 世界遺産|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第179回 エチオピア シミエン国立公園 高地の過酷な自然環境に 適応・進化した固有種

第179回 エチオピア

シミエン国立公園

高地の過酷な自然環境に 適応・進化した固有種

世界遺産|シミエン国立公園

Story

1978年に世界遺産に登録されたシミエン国立公園は、エチオピア北部のゴンダール州にあり、同国最高峰のラス・ダシェン山(標高4,620m)を中心とする国立公園。およそ2,500万年前の地殻変動と火山活動、その後の降雨の浸食により形成された高山、深い渓谷、1,000mもの断崖絶壁が連なるそこは、昼と夜の寒暖差が夏と冬ほどもある過酷な山岳地帯です。その厳しい自然環境に適応し、独自に進化を遂げた、霊長類のゲラダヒヒ、高地ヤギのワリアアイベックス、イヌ科のシミエンフォックスなど、多くの固有種が生息しています。

なかでもゲラダヒヒは公園内の随所で見られ、体長は約50~74cm。ほかのヒヒとの生存競争に敗れ高地に移ってきたとみられ、身を守るため夜間は数百頭の群れを作って崖の窪みなどで眠ります。彼らは30種類ほどの言葉をもつといわれており、ヒトの音声に非常に似た鳴き声や、表情などを使ってコミュニケーションを図ります。平和を好む彼らは、争いごとも話し合いで解決するのです。ヒトに近い高度に進化を遂げた霊長類といえるでしょう。

この地域では2000年前から農耕が行われており、人口増加に伴う農地開拓、密猟などによって生態系が破壊され、1996年にシミエン国立公園は危機遺産に登録されました。事態を憂慮したゴンダール州政府は、農地の縮小や移住などの対策で自然環境を回復させ、危機遺産からの除外を目指しています。かけがえのない自然が守られ、希少な動物たちが生き続けられることを願わずにはいられません。

続きを読む

なかでもゲラダヒヒは公園内の随所で見られ、体長は約50~74cm。ほかのヒヒとの生存競争に敗れ高地に移ってきたとみられ、身を守るため夜間は数百頭の群れを作って崖の窪みなどで眠ります。彼らは30種類ほどの言葉をもつといわれており、ヒトの音声に非常に似た鳴き声や、表情などを使ってコミュニケーションを図ります。平和を好む彼らは、争いごとも話し合いで解決するのです。ヒトに近い高度に進化を遂げた霊長類といえるでしょう。

この地域では2000年前から農耕が行われており、人口増加に伴う農地開拓、密猟などによって生態系が破壊され、1996年にシミエン国立公園は危機遺産に登録されました。事態を憂慮したゴンダール州政府は、農地の縮小や移住などの対策で自然環境を回復させ、危機遺産からの除外を目指しています。かけがえのない自然が守られ、希少な動物たちが生き続けられることを願わずにはいられません。

Photos

世界遺産|シミエン国立公園
▲深い谷と高山は、この地の厳しい自然環境が伝わる
©Bluerain
世界遺産|シミエン国立公園 ヒヒ
▲長い毛のマントをもつオスのその姿は、リトルライオンと呼ばれる

Data

◆登録名:
シミエン国立公園
◆登録年:
1978年
◆分類:
自然遺産
◆アクセス:
首都アディスアベバからゴンタール空港まで、飛行機で約1時間。ゴンタール空港から町まで約21km。町から車で約3時間。

ツアーはこちら
北海道発
東北発
関東・甲信越発
東海・北陸発
関西発
中国・四国発
九州・沖縄発

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

シミエン国立公園|エチオピア 世界遺産|阪急交通社

Copyright©2017 HANKYU TRAVEL All rights reserved