フェス旧市街

|アフリカ 世界遺産|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

世界遺産 〜The World Heritage〜

第225回 モロッコ フェス旧市街 1000年の歴史が息づく 世界一の迷宮都市

第225回 モロッコ

フェス旧市街

1000年の歴史が息づく 世界一の迷宮都市

世界遺産|フェス旧市街

Story

ロッコ中北部のなだらかな起伏の丘に、9世紀初頭に開かれたイスラム王朝の古い都フェス。フェス・エル・バリと呼ばれる旧市街(メディナ)には建物がひしめき、人がすれ違うのがやっとの狭い路地が無秩序に延びています。常に外敵の侵略にさらされてきた地中海沿岸地域では、周囲に堅固な城壁を巡らせ、内部を複雑な構造にした都市が発達しました。中でもフェス旧市街は巨大迷路のような複雑さで、「世界一の迷宮都市」と形容されるほどです。

その迷宮都市に、タイル装飾が施されたメインゲートのブー・ジュルード門から足を踏み入れると、そこは混沌と喧噪の世界。車両が入れない路地を歩く人々で溢れかえり、荷物の運搬にも手押し車やロバが活躍しています。香料、織物、真鍮細工など同業の商店が集まるスーク(市場)が点在し、さらに奥へと歩を進めると伝統工芸の職人街があります。なめした革を手作業で鮮やかに染色したり、紡いだ糸を染め上げたり、何百年にもわたって培われてきた技術を継承しながら、職人たちが日々の暮らしを営んでいます。異教徒が立ち入れないモスクやマドラサ(大学)などもあるメディナは、敬虔なムスリムの生活の場であり、生きている世界遺産なのです。

メディナの複雑に入り組んだ路地を行きつ戻りつさまよえば、モロッコ最古の王都の1000年にわたる歴史や、今を生きる人々の息遣いがひしひしと伝わり、迷宮に迷い込んだ異邦人の心地がします。

続きを読む

その迷宮都市に、タイル装飾が施されたメインゲートのブー・ジュルード門から足を踏み入れると、そこは混沌と喧噪の世界。車両が入れない路地を歩く人々で溢れかえり、荷物の運搬にも手押し車やロバが活躍しています。香料、織物、真鍮細工など同業の商店が集まるスーク(市場)が点在し、さらに奥へと歩を進めると伝統工芸の職人街があります。なめした革を手作業で鮮やかに染色したり、紡いだ糸を染め上げたり、何百年にもわたって培われてきた技術を継承しながら、職人たちが日々の暮らしを営んでいます。異教徒が立ち入れないモスクやマドラサ(大学)などもあるメディナは、敬虔なムスリムの生活の場であり、生きている世界遺産なのです。

メディナの複雑に入り組んだ路地を行きつ戻りつさまよえば、モロッコ最古の王都の1000年にわたる歴史や、今を生きる人々の息遣いがひしひしと伝わり、迷宮に迷い込んだ異邦人の心地がします。

Photos

世界遺産|フェス ブー・ジュルード門
▲1913年に建築された旧市街西側入口にある幾何学模様のブー・ジュルード門
世界遺産|フェス スーク 市場
▲旧市街を歩けばスークと呼ばれる市場が所狭しと並んでいます

Data

◆登録名:
フェス旧市街
◆登録年:
1981年
◆分類:
文化遺産
◆アクセス:
アフリカ有数の都市カサブランカから電車で約4時間

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

フェス旧市街|アフリカ 世界遺産|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved