北東北のグルメ おみやげ

|東北観光ガイド|阪急交通社

海外航空券+ホテル

旅コーデ

グルメ おみやげ イベント 〜青森・岩手・秋田〜

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

北東北のグルメ おみやげ|東北観光ガイド

青森・大間の「海峡まぐろ」、海の幸を磯で調理して食べる男鹿の石焼き料理など、豊穣な海に囲まれた地ならではの味。厳しく長い冬、食材をよりおいしく味わうために生まれた庶民の味。そして、そば、うどんから、冷麺、じゃじゃ麺にいたる麺料理の数々。
 青森・岩手・秋田の三県では、東北らしいうまいものと、南部鉄器のように実直な伝統の品々に出合えます。

きりたんぽ
▲焼いたたんぽを比内地鶏、セリなどと煮込むきりたんぽ鍋
きりたんぽ(秋田)
ご飯をつぶし、秋田杉の串に巻き付け、炭火で焼いたものが「きりたんぽ」。鍋にして食べることが多く、比内地鶏のスープとの相性が絶妙。
南部鉄器(岩手)
南部鉄器
350年ほど前、南部藩がお抱えの鋳物氏をおいたことに始まる伝統工芸品。鉄瓶から灰皿、花器まで、その風合いと堅牢さから根強い人気があり、栓抜きなどの小物はおみやげにも最適。
石焼き料理(秋田)
石焼き料理
木桶に味噌で味を整えた汁と日本海の新鮮な海の幸、野菜などを入れ、真っ赤に焼いた石を放り込み、瞬時に沸騰させて素材の持ち味を楽しむ、男鹿に伝わる野趣あふれる豪快な料理。
冷麺(岩手)
冷麺
韓国の冷麺に比べ、弾力のある麺が盛岡冷麺の特徴。コクのあるスープも、やみつきになる味。
わんこそば(岩手)
わんこそば
ひと口大のそばが掛け声とともに、お椀に次々に入れられ、お椀にふたをするまで続きます。
じゃじゃ麺(岩手)
じゃじゃ麺
麺に肉味噌などを混ぜて食べ、食べ終えたら溶き卵にゆで汁、肉味噌を加えチータンタンに。
稲庭うどん(秋田)
稲庭うどん
稲庭地方に江戸時代から受け継がれている干うどん。細く滑らかなのどごし。
南部せんべい(岩手)
南部せんべい
こねた小麦粉にゴマやピーナツなどを加え焼き上げた素朴なせんべい。
ハチ公プリン(秋田)
ハチ公プリン
秋田県特産品開発コンクールの最優秀賞を受賞した、比内地鶏の卵を使った濃厚なプリン。
まぐろ(青森)
まぐろ 刺身
本州最北端の大間はまぐろの町。秋から冬にかけて水揚げされるまぐろはグルメ垂涎の味。
りんご(青森)
りんご
青森は全国のりんご生産量の約半数を占める、日本一のりんごの産地。新鮮なりんごを本場で。

北東北 祭り・イベント

◆春の藤原まつり
岩手・平泉町 5月上旬
◆弘前さくらまつり
青森・弘前市 4月中旬〜5月上旬
◆刺巻湿原水ばしょうまつり
秋田・田沢湖 4月下旬 
チャグチャグ馬コ
◆チャグチャグ馬コ
岩手・滝沢村 6月上旬
◆八戸三社大祭
青森・八戸市 8月上旬
◆土崎港曳山まつり
秋田・秋田市 7月下旬
遠野鹿踊り
◆遠野まつり
岩手・遠野 9月中旬
◆恐山秋詣り
青森・むつ市 10月上旬
◆よこて菊まつり
秋田・横手 10月下旬〜11月上旬
八戸えんぶり
◆八戸えんぶり
青森・八戸 2月中旬
◆なまはげ柴灯まつり
秋田・男鹿 2月下旬
◆わんこそば全日本大会
岩手・花巻 2月上旬
津軽の民謡酒場
青森や弘前を訪れたら、津軽三味線のライブを聞きながら郷土料理はいかが。津軽を満喫できます。
  • 民謡酒場
  • うまい日本酒と生の演奏は心にしみる
「秋田美人」は本当か?
日本三大美人に数えられ、色白できめ細やかな肌の女性が多い秋田。日照時間が少なく、湿気が高いことがその要因とか。
  • 秋田美人
  • 秋田美人=北方白人混血説もあるとか?!

東北旅行のおすすめツアーはこちら

おすすめの宿はこちら

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

北東北のグルメ おみやげ|東北観光ガイド|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved