入国・出国

|タイ観光ガイド|阪急交通社

阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

タイ入国・出国

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

台湾入国・出国|台湾観光ガイド

フライト・飛行時間

成田空港からバンコクへは、約6時間~7時間30分の飛行時間。東京(羽田・成田)、関西、中部、福岡の各空港からは毎日直行便が運航。

■直行便・経由便
バンコクへの直行便のほか、上記の各空港からはプーケットへ、東京からはチェンマイへ、バンコク経由便が運航しています。
■機内への持ち込み
原則として縦、横、高さの3辺の和が115cm以内。爪切り、カミソリなどは預け荷物へ。化粧品や飲み物などの液体は100ml以下の小さな容器に移し、まとめて透明な袋に入れること。テロ対策で規制が厳しくなっているので事前に確認しましょう。
キャリーバック

タイへの入国

入国審査でパスポートと出入国カード、帰りの航空券を提示し、入国スタンプを押してもらいます。難しい質問をされることはほとんどありません。

■パスポート残存有効期限
入国時に有効期限が6カ月以上あるパスポートと、帰りの予約済航空券が必要です。
■ビザの発給
観光で31日以上滞在するには、観光ビザが必要。事前に大使館または領事館に申請すれば、60日以内の滞在が許され、入国管理事務所に出向けば、さらに30日の滞在が可能。
■出入国カードとは?
入国および出国の際に必要です。機内で配られるので必要事項を記入しておきましょう。
※日本国籍の方が観光目的で短期入国する場合の条件です。
※ビザ・パスポートなどの情報は予告なく変更されることがございます。必ず大使館、領事館または旅行会社でご確認ください。
  • タイ国際航空 機体
  • ▲機内で入国の準備を
タイ入国の流れ
1.入国審査(Immigration)
「VISITOR」のカウンターに並び、審査官にパスポートと出入国カードを提示。返却してくれる出入国カードの2枚目が出国カードになります。
2.荷物の受け取り(Baggage Claim)
日本出発の際に手荷物を預けた人は、自分が乗ってきた飛行機の便名が表示されたターンテーブルで受け取ります。
3.税関(Customs)
免税の人は「Nothing to declare」へ。申告するものがある人は「Goods to declare」へ。荷物を検査されることがあったら、進んで受けましょう。

タイ出国の流れ

混雑時期には出国手続きに時間がかかることも。余裕をもって空港へ。免税店で買い忘れたおみやげなどのショッピングも楽しめます。

タイ出国の流れ
1.チェックイン(搭乗手続き)
自分が利用する航空会社のカウンターに並び、航空券とパスポートを提出し、荷物を預け、搭乗券を受け取ります。
2.出国審査
外国人用出国審査カウンターに並び、係官にパスポートと出国カード、搭乗券を提示。出国スタンプを押してもらいます。
3.手荷物検査
係官にパスポートと搭乗券を提示し、手荷物検査とボディチェックを受けます。身に付けている金属類は外してトレイに入れましょう。
至れり尽くせりのビジネスクラス
ゆったりとした空間、深々と身を包みこむシート、そして吟味された機内食やアテンダントのもてなし、どれをとっても至れり尽くせり。
  • 充実したサービスが魅力
微笑みの国タイの会話術
タイ語の挨拶は語尾が男性はカップ、女性はカ。
・こんにちは:サワッディー カップ(カ)
・さようなら:ラーコーンナ カップ(カ)
・ありがとう:コープクン カップ(カ)
  • 水上マーケット女性
  • あいさつで旅をもっと楽しく

タイのおすすめツアーはこちら

観光ガイドINDEX ほかの海外の国や、国内の都道府県の観光ガイドがご覧いただけます
海外観光ガイド
ヨーロッパ
フランス
イギリス
イタリア
スイス
ドイツ
オランダ
ベルギー
スペイン
北欧
東欧・中欧
アイルランド
マルタ
ギリシャ
ポルトガル
アイスランド
ロシア
バルト3国
中近東・アフリカ
アフリカ
トルコ
エジプト
チュニジア
モロッコ
アジア
中国
韓国
台湾
香港・マカオ
タイ
ベトナム
インド
モルディブ
シンガポール
マレーシア
カンボジア
ネパール
インドネシア
アメリカ
アメリカ
カナダ
ペルー
メキシコ
ブラジル
オセアニア・ビーチ
オーストラリア
ニュージーランド
ハワイ
南の島々
グアム
サイパン
国内観光ガイド
北海道
東北
関東
東京
北陸
甲信越
東海
近畿
山陰・山陽
四国
九州
沖縄

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

入国・出国|タイ観光ガイド|阪急交通社

Copyright©2014 HANKYU TRAVEL All rights reserved