阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

阪急交通社の旅行積立

ペルー基本情報

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

ペルー基本情報|ペルー観光ガイド

ペルーの概要

空中都市マチュピチュ、インカ時代のなごりをとどめるクスコ、そして謎の地上絵で知られるナスカなど、数々の遺跡が世界中の人々を惹きつけるアンデスの国。

  • ■正式名称:ペルー共和国 Republic of Peru
  • ■首都:リマ
  • ■人口:約3,038万人
  • ■面積:約128万5千km²
  • ■人種・民族:インディヘナ(先住民)、メスティソ(混血)、欧州系、東洋系、その他
  • ■宗教:キリスト教、その他
  • ■言語:スペイン語(他にケチュア語、アイマラ語)
  • ■通貨:ソル
  • ■時差:-14時間 日本が正午の場合、ペルーは前日の午後10時
ペルー国旗
国旗のウンチク
赤は勇気と愛国心、白は平和の象徴。中央の紋章はペルーの豊かな自然と資源を表しています。

ペルーの気候・服装

ペルーは南半球にあり、季節は日本とは逆。気候は地域によって異なり、首都リマはほとんど雨が降らず、クスコなどの山岳地域は日中と朝夕の気温差が激しいのが特徴です。

雨期
11〜4 月、首都リマでは晴天の日が続き、長袖シャツで過ごせます。標高の高い地域では夜間冷え込むので、ジャケットやセーターを忘れずに。
乾期
太平洋側の海岸に開けたリマでは、5 〜10月、ガルーアという霧が発生しやすく、曇りの日が多くなります。ジャンパーなどを用意しましょう。
リマ・東京 気温表 / 降水量グラフ

※リマの平均気温は理科年表2009年版より、降水量は世界気象機関HPより(年不明)
※東京の平均気温、降水量は気象庁HPより(2012年)
※イベントの時期は例年の目安です。

ペルーの祝祭日

  • ■新年:1月1日
  • ■独立記念日:7月28日
  • ■聖木曜日※:4月18日
  • ■聖ロサの日:8月30日
  • ■聖金曜日※:4月19日
  • ■アンガモス戦勝記念日:10月8日
  • ■メーデー:5月1日
  • ■全聖人の日:11月1日
  • ■聖ペトロ・聖パブロの日:6月29日

※は移動祝祭日のため毎年変わります。上記は2019年の祝祭日です。
※祝祭日はJETROより引用しています。

ペルーのベストシーズンはいつ?
海岸地域のリマは晴天が続く夏の10〜4月、クスコなどの山岳地域は乾期の4〜10月がおすすめ。ただしマチュピチュでは11〜3月に雨が降るので注意すること。
  • マチュピチュ遺跡
  • 旅の計画には季節も重要
インカの時代祭り・インティライミ
太陽神に感謝を捧げるインカ時代の最大の祭りを再現。毎年6月の冬至の日、かつての首都だったクスコ郊外のサクサイワマン遺跡で行われます。
  • サクサイワマン
  • サクサイワマン遺跡

ペルーのおすすめツアーはこちら

条件を指定してツアー詳細検索

海外航空券を探す

旅行形態
2都市以上滞在(周遊)や
往路・復路で発着地が異なる旅程(オープンジョー)はこちら >>
出発日
現地出発日
出発地
目的地
人数
大人 12歳以上
子供 2~12歳未満
幼児 2歳未満
年齢について >>
航空会社
座席クラス
出発時間帯
現地出発時間帯
直行便
帰国便の現地変更
制限付き航空券

検索条件を追加する +

検索する

  • マチュピチュ
    多様な"文化"と"自然"の国

    『一生に一度は訪れたい』と言われる世界遺産が目白押しのペルー。マチュピチュだけじゃない、謎深きペルーの魅力について野呂さんにお話を伺いました。

    続きはこちら

    ※外部サイトに遷移します

現地生情報※外部サイトへ遷移します
最新記事をもっと見る
旅雑貨

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください