旅選びのポイント

|沖縄観光ガイド|阪急交通社

阪急交通社のおせち

旅選びのポイント

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

旅選びのポイント|沖縄観光ガイド

季節で選ぶ 旅選びのポイント
■春(3月〜5月)
八重山地方を皮切りに、3月から4月にかけて各地のビーチで海開きが行われます。「うりずん」と呼ばれる4月は気候が安定するので、旅行計画が立てやすいのはこの時期。
■夏(6月〜8月)
ダイビングやスノーケルなどマリンスポーツを楽しむなら梅雨明けで透明度の上がる6月からがベストシーズン。日差しがかなり強いので、ビーチで遊ぶのは午前か夕方にするなどの注意が必要です。
■秋(9月〜11月)
台風の多いシーズンですが、まだまだ暑い日が続き、10月頃まで海水浴も楽しめます。徐々に気温の下がってくる11月頃はとても過ごしやすく、観光やドライブにぴったりな季節です。
■冬(12月〜2月)
例年1月頃から桜が咲き始め、世界遺産で有名な今帰仁城跡など、県内各所では色とりどりな花を展示するイベントも開催されます。ホエールウオッチングを楽しめるのもこの時期です。
シーサー
春は気候の安定期
海
きれいな海で泳ごう
桜
日本一の早咲き桜
ツアー選びのポイント
■周遊プラン
沖縄本島では、那覇から沖縄美ら海水族館のある本部半島あたりまでの西海岸沿いを中心に巡るプランが主流です。那覇市内はもちろん、景勝地・万座毛や世界遺産などを2〜3日かけて回ります。
■フリープラン
最近では、往復の交通費とホテル代のセットにレンタカー付きのものがほとんです。本島では、東側に点在する離島や自然の宝庫である「やんばる」のあたりまで足を延ばすなら、フリープランが断然おすすめです。
■離島で「島時間」を満喫
一度にいくつかの島を効率良く巡るのもいいですが、ひとつの島にじっくり滞在して、スローな島時間を満喫するのもおすすめです。フリープランであれば、個人手配よりも割安で行くことができます。
首里城公園・正殿
首里城は見逃せない
ビーチパラソル
島で本物のゆったりを
宿選びのポイント
■那覇? それとも那覇以外?
沖縄本島の場合、那覇市内であれば高級シティホテルから、好アクセスのビジネスホテル、お財布に優しい民宿まで幅広く揃っています。リゾート志向の方には、名護市や恩納村周辺が観光にも便利でおすすめです。
■離島に泊まるなら
豪華リゾートホテルから格安の民宿まで揃う宮古島や石垣・西表島あたりでは、予算と目的に合った宿選びを。リゾートホテルは市街地からは離れますが、スパやプール、エステなど施設も充実していて、ホテル内で一日過ごすこができます。
市場本通り
立地も考慮して
リザンシーパークホテル谷茶ベイ・スパ
リゾートホテルも魅力
日焼けにご注意を!
夏の日差しは強烈。長袖のシャツ、帽子、サングラスで日除け。日焼け止めも準備しましょう。
  • 久米島イーフビーチ 女性後ろ姿
  • しっかり紫外線対策を
キレイな海の危険ブツ
キレイな海にも危険な生き物がいるので注意。ハブ貝やハブクラゲなどに刺されると命の危険も。
  • サンゴ
  • キレイな海にも危険が
沖縄県旅行のおすすめツアーはこちら
おすすめの宿はこちら

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

旅選びのポイント|沖縄観光ガイド|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved