阪急交通社ホームページ内では、あらかじめ出発地を設定しておくことができます。
設定を変更する場合は、もう一度指定してください。

閉じる

出発する地域を選択

スマホポイント会員

東欧・中欧現地情報

旅に役立つ情報満載阪急交通社が提供

東欧・中欧現地情報|東欧・中欧観光ガイド

トラブル・治安

東欧・中欧の国々は、ヨーロッパ諸国の中では比較的治安が良いとされていますが、無警戒な日本人旅行者は狙われやすいので、気持ちを引き締めて行動しましょう。

■スリ・ひったくり
凶悪な犯罪は比較的少ないですが、スリや置き引き、ひったくりなどの犯罪が、特に大都市で増加しています。
また、セルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、アルバニア、マケドニアでは地域によっては情勢が不安定な所もあるので、出発前に必ず治安情報を確認するようにしましょう。
■パスポート(旅券)の紛失
最寄りの警察署で紛失証明書を発行してもらい、最も近い都市の日本大使館・領事館にオープン時間内に出頭し、再発給の申請・発給を受けなくてはなりません。
■トラブルに巻き込まれたら?
パスポートを盗まれると再発給に時間がかかるため、ツアーの場合、一人とり残されることに。発給までの滞在費、通訳などの費用、交通費など、思いもよらぬ高額な費用もかかります。
■海外旅行保険に入って行こう
盗難や病気、ケガ、交通事故など、もしもの時のために海外旅行保険に入っておきましょう。万一の場合、補償やサポートが受けられ安心です。
セキュリティポーチ

▲便利なセキュリティポーチ

マナー

東欧・中欧各国では礼儀が重んじられます。エレベーターの乗り降りや建物への出入りは目上の人や女性を先に。また、先に通されたら、ありがとうを忘れずに。

■チップ
レストランやタクシーは料金の10〜15%、ホテルのベルボーイやルームメイドには日本円にして100〜200円程度を渡すのが一般的ですが、ポーランドでは特別なサービスを受けたとき以外は、基本的にチップは不要です。
■喫煙
オーストリアは鉄道は全面禁煙、チェコも駅や公共の場は禁煙、スロバキアは公共交通機関は禁煙、ハンガリーはレストラン、カフェ、バーの分煙化が進んでいますが、ポーランド、クロアチアなどは4カ国ほど厳しくはありません。
■教会、美術館では
教会も美術館、博物館も静粛に見学しましょう。建物内部の写真撮影が禁止されている教会や美術館、博物館もあります。また、教会内で祈る人の前を横切ったり、フラッシュ撮影をしたりしないこと。
■服装もTPOを考えよう
高級レストランやホテル、劇場では雰囲気をこわさないよう、ドレスコードを考えた服装を。また教会では脱帽し、ノースリーブ、ミニスカート、短パンなど、肌の露出の多い服装は避けること。
喫煙
▲喫煙はマナーを守ろう
レストラン
▲服装はTPOに合わせて
ワイン居酒屋「ホイリゲ」って?
「ホイリゲ」とは、市内でワインが生産されるウィーンならではのワイン居酒屋。赤松の枝の束や「新酒あり」の看板が出ていたら、新酒が楽しめます。
  • ウィーン ホイリゲ
  • ワインはホイリゲで
ツーリストインフォメーションを探せ
現地で何か困ったら、ツーリストインフォメーションへ。大都市の中心部や地方都市の観光客の集まる地区にあって、旅行者の「?」に応えてくれます。
  • ブダペスト
  • 市内観光に役立てよう

東欧・中欧のおすすめツアーはこちら

条件を指定してツアー詳細検索

海外航空券を探す

旅行形態
2都市以上滞在(周遊)や
往路・復路で発着地が異なる旅程(オープンジョー)はこちら >>
出発日
現地出発日
出発地
目的地
人数
大人 12歳以上
子供 2~12歳未満
幼児 2歳未満
年齢について >>
航空会社
座席クラス
出発時間帯
現地出発時間帯
直行便
帰国便の現地変更
制限付き航空券

検索条件を追加する +

検索する

現地生情報※外部サイトへ遷移します
最新記事をもっと見る
旅雑貨

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【年末年始特集】年末年始におすすめのツアーを豊富にご用意!今年の年末年始は9連休!ご予約はお早めに!